100円ショップ「百均」が、生活の味方

  • News

2020年コロナ禍、デパート、アパレルショップ、GMSが世界的に苦戦する中で100円ショップ(百均)が無くてはならない、存在感を出している。⇒(コロナが来なくても苦戦、消滅は起こっていた)

2020年コロナ禍によって世界の経済が瞬時に蒸発し、国内の消費は低迷し、国と国の交易(輸出・輸入)にも打撃を与えている。そのような状況の中、国内の消費経済も一段と厳しさを増している。好調な一部の業種(Dragstore、ホームセンター・ネット通販)を除いてほぼ全滅の様相を呈してきた。この流れは、コロナの前から始まっており個人消費が、日本のGDPの約半分占める今、流通の停滞(衰退?)は今後の日本の成長に大きな課題がのしかかっている。

日本の衰退、逆走を働く人の収入で比較してみた。 

世界の平均年収  下記数値はOECD(経済協力開発機構)より

  平均年収㌦最低年収㌦
  2019年2018年
1位ルクセンブルグ 68,68126,252
2位アメリカ65,83610位以下
3位オランダ56,55224,826
4位ベルギー55,59010位以下
5位オーストラリア54,40124,874
6位ドイツ53,63824,015
7位カナダ53,19821,280
8位アイルランド50,49020,928
9位イギリス47,22621,764
10位フランス46,48121,949
 日本38,61716,607

2019年の平均年収の金額から見ると日本は、13位で38,617㌦で最低年収も16,607㌦という結果になった。

20年前平成19年の年収は、437万円、平成30年の年収は441万円、わずか0.9%のup。失われた平成の20年が浮かび上がる。収入は増えない、支出は最低限に抑える個人(家族)の生活防衛の様子が見えてくる。「どれだけまじめに働いても暮らしが良くならない」を政府の景気対策「アベノミクス」で3本の矢という政策を掲げました。第一の矢「大胆な金融政策」第二は「機動的な財政政策」そして第三の矢は「民間投資を喚起する成長戦略」に位置付け国の成長のかじ取りを行ったわけですが、豊かになったのは、大企業の懐で働く庶民の生活は、豊かにならなかった。

流通小売業の目線で考えてみた。  豊かな消費生活は、コロナの影響もあり2020年は回復どころか、働く場所を失い、生きるか死ぬかの生活の戦いになっている。このような状況でも、消費者の生活を守るインフラがチェーンストアの役割であろう。1991年~93年バブルがはじけ日本経済は大打撃を受け相次ぐ銀行の破綻を招き、円の強さで世界の不動産・美術品などを買い漁った世界一の小さな経済大国日本は長い不況の平成の30年に進んでいった。2008年リーマンブラザースの破綻から世界規模の金融危機(リーマンショック)が起こり出口の見えない長いトンネルを歩むことになる。残る日本の価値は「おもてなし」の言葉に代表される「こころ」「…作法」「…道」にすり替えられ、国に政治に頼らない国民一人ひとりの「無言の頑張り」が今日の日本の姿に表れている。

本当は、2020年Olympic-yearに沸き返るはずが、コロナウイルスと闘う世界、日本国民の姿がある。 「世の中で最も賢いバイヤーは主婦である」と教えられた。

100円均一ショップの月次速報を見ていると厳しい時に見方になってくれる小売業が生き残ることを教えてくれる。(米国においても1㌦ショップは存在感を増している)      

   2019年   2020年      
業界  9月度10月度11月度12月度1月度2月度3月度4月度5月度6月度7月度累計
SERIA(直営)既存店2.2▲ 6.4▲ 2.3▲ 1.4▲ 0.99.12.8▲ 2.78.39.85.32.2
 全店9.50.24.85.46.917.210.14.312.516.912.29.1
 客数1.7▲ 6.1▲ 1.6▲ 0.70.09.12.2▲ 6.50.34.72.60.5
キャンドゥ(直営)既存店4.4▲ 6.3▲ 2.1▲ 1.20.89.6▲ 1.25.213.04.60.52.5
 全店6.1▲ 3.50.70.92.114.92.6▲ 3.33.25.61.52.8
ワッツ(直営)既存店4.7▲ 3.40.40.22.817.08.816.016.010.06.27.2
 全店9.3▲ 4.0▲ 1.3▲ 1.5▲ 0.112.65.06.37.96.13.74.0
※ダイソウは、未上場の為、集計していません

セリア・キャンドウ・ワッツの売上は、コロナが襲う前から伸長している。バラエティストアとしての役割を確実に積み重ねている。

今後も目を離せない。

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください